傷まないパーマ。

そんな技術・薬剤あるなら、どんなに遠くても行く価値あります。

けど、まー傷まないが至高ではありません。

基本的に手付かずの髪ほど扱いにくいものはありません、それを扱いやすいように加工するのが美容師の仕事だと思っています。

傷む傷まないと扱い易さはイコールではありません。

 

 

 

おすすめの記事